木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3072話

f:id:mokugyo-sin:20170522040811j:plain

 「今日のことば」
    蚯蚓(みみず)
    こいつはまた精いっぱい伸びをして、
    長々と寝そべっている一
    上出来の卵饂飩(うどん)のように。
     (ルナール『博物誌』)

  「ボクの細道]好きな俳句(828) 正木ゆう子さん。「唇つけるべき処なく清水湧く」句集『羽羽』) 清水を飲もうと、泉に近づいたところ、その清水のあまりにも透徹さに、一瞬、おのが唇(くち)をよせることに気遅れした。そんな句意でありましょうか。しかし、自分が、飲もうが飲むまいが、そのことにはおかまいなく、清水はこんこんとわき続けています。

         花うつぎ女性高等弁務官