読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3063話

f:id:mokugyo-sin:20170513053900j:plain

 放逸(ほういつ)に耽(ふけ)るな。愛欲と歓楽に親しむな。おこたることなく思念をこらす者は、大いなる楽しみを得る。(ダンマパダ)

 「ボクの細道]好きな俳句(819) 正木ゆう子さん。「たらちねのははそはのはは母は羽羽」(句集『羽羽』) 第5句集『羽羽』は、平成21年(作者58歳)から平成27年(64歳)までの300句が収められています。作者は「あとがき」の中に『羽羽』について、母の音を重ねただけで深い意味はない。単純に大きな翼という意味に使うのが最も相応しい。そうした意味のことを記しておられます。さらに、この句集の「あとがき」を書き終えたころ熊本地震があった(作者は熊本県在住)と記されていました。

 「今日のことば」
         苦しいことが多いのは
         自分に甘えがあるからだ
         (石川 洋) 

         古知谷にミイラ仏とや山滴る