読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3062話

f:id:mokugyo-sin:20170512052132j:plain

 智慧乏しき愚かな人々は放逸(ほういつ)にふける。しかし心ある人は、最上の財宝(たから)を守るように、つとめはげむことを守る。(ダンマパダ)

 「ボクの細道]好きな俳句(818) 正木ゆう子さん。「公転に遅れじと春の大気かな」(句集『夏至』) 第4句集『夏至』の巻末を飾る作品です。地球の公転と自転、さらに、公転する地球軸の傾斜で地球上の「気象」は定まります。太陽と、地球と、月と、その外の諸条件が、仮に少しでも狂えば、「春」(四季)は遅れるどころか、地球上のあらゆる「生命」(いのち)の存亡すら保証されません。今、地球の温暖化の現象が問題となっています。
 「今日のことば」
         つらいことが多いのは
         感謝をしらないからだ
         (石川 洋)

            老僧はちよろぎのごとく生えにけり