読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3048話

 f:id:mokugyo-sin:20170428063647j:plain

  まことであるものを、まことであると知り、まことでないものを、まことでないと見なす人は、正しき思いにしたがって、ついに真実(まこと)に達する。(ダンマパダ)

 「ボクの細道]好きな俳句(804) 正木ゆう子さん。「あつそれはわたしのいのち烏瓜」(句集『静かな水』) 夜間にひらく「烏瓜」(からすうり)の花は、雪の結晶に似て幻想的です。しかし、掲句は、もちろん、あの鮮やかな朱色をした果実の方でしょう。茂みにひそむ「烏瓜」(からすうり)は発見者の目をひきつけます。また、蔓をひきよせ烏瓜を手中にしたときのワクワク感はたとえようがありません。おそらく恋人を手中にしたときの感激と似ているのでは?

 「今日のことば」
         他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、
         心の傷はいやされなくても、
         気は楽になる。
         (シェイクスピア)

        青鷺のその胃袋に魚いくつ