読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3038話

f:id:mokugyo-sin:20170418052219j:plain

 ものごとは心にもとづき、心を主として、心によってつくり出される。もし清らかな心で話したり行ったりするならば、福薬(ふくやく)はその人につき従う。影がそのからだから離れないように。(ダンマパダ)

 「ボクの細道]好きな俳句(794) 正木ゆう子さん。「オートバイ内股で締め春満月」(句集『静かな水』) 華奢(きゃしゃ)な体躯をした作者(当時)が、大型自動二輪にうち跨る映像を思い浮かべておもわず<にんまり>としたものです。しかし残念でした。(作者の弁によれば)とあるところで(恋人を乗せ)疾走するライダーの雄姿を見て詠まれた作品だそうです。俳句は、作者の思いと離れ、読者がいろいろと想像をたくましくして読み取ることが出来るところが楽しいのです。

 「今日のことば」
         わたしたちのつとめは、
         この素晴らしい世界に
         なにか貢献すること。
          (イブ・アーデン)

        チューリップ空に向かつてまつすぐに