木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2979話

f:id:mokugyo-sin:20170218044359j:plain

 (学生カッパの質問)師ブッダは答えた「カッパよ、このことをよく知って、よく気をつけ、現世において全く煩(わずら)いを離れた人々は、悪魔に伏せられない。かれらは悪魔の従者とはならない。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(734) 鳴戸奈菜さん。「冬うらら隣の墓が寄りかかる」(奈菜) 崩れそうな無縁墓によりかかられた。それでも小春日の陽気です、なんとかそのままよりかかられてゆきましょうか。それはともかく、車内で(鈴木杏珠さんのような)妙齢の女性に寄りかかられる至福(座席)はたまりません。男は、なんで「あとが面倒」を十分に承知しながら、そのような至福を喜ぶのでしょうか(汗)? 

 「今日のことば」 
         自らも楽しみ人々にも喜びを与える。
         大切な人生をこうした心構えで送りたい。
         (松下幸之助)

         海鳴りのころんごろんと結氷期