木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2974話

f:id:mokugyo-sin:20170213064011j:plain

 (学生トーデイヤの質問)トーデイヤがたずねた。「かれ(ブッダ)は智慧があるのでしょうか? シャカ族の方(ブッダ)よ。かれ(ブッダ)が智者であることをわたくしに説明してください。あまねく見る方(ブッダ)よ。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(729) 鳥居真里子さん。「雪女郎です口中に角砂糖」(真里子) ほう、こんどは角砂糖ときましたか! 真っ赤な腰ひもを咥えた雪女ならゾクと奮い立ちますが雪女郎ともなれば「(コーヒーに)お砂糖は一つそれとも二つ?」それくらいのサービスはありそうです。そこで、ボクは「ほな、ボクちゃん二つ」と、すぐに調子に乗ります。その後が怖いことも知らず(汗)。  

 「今日のことば」 

         他人に対しては寛容に、
         自分に対しては不寛容であれ
           (ヘルマン・ヘッセ)

         鐘凍る三面六臂の大黒天  

                    六臂(ろっぴ)