読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2963話

f:id:mokugyo-sin:20170202055029j:plain

 (学生ナンダの質問)ナンダがいった「およそこれらの(道の人)バラモンたちは、(哲学的)見解によって、また伝承の学問によっても、清浄になれるといいます。戒律や誓を守ることによっても清浄になれるといいます。そのほか種々のしかたで清浄になれるといいます。はたしてそれで生と老衰とを乗り超えられるのでしょうか?」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(719) 山口誓子さん。「木がらしや目刺しにのこる海の色」(誓子) 超有名句です。このブログでも何回か取り上げました。なぜ何回も? それは、ボクの脳裏にこの作品が焼き付いている? いい「もの」はいい? そのどちらかでしょう。それが、「節分 → ヒイラギ → イワシ → 目刺(めざし)」と連想ゲームのように浮かんでくるのです。

「今日のことば」 
        自分の運命に
        そむいては
        いけない
        (ヘルマン・ヘッセ)

         豆まきや件の男すいと逃げ 

                    件(くだん)