読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2897話

f:id:mokugyo-sin:20161128064043j:plain

 (序)渇(かっ)した人が冷水を求めるように、また商人が大きな利益を求めるように、暑熱に悩まされている人が木陰を求めるように、かれら(16人の衆徒)は急いで尊師(ブッダ)のまします山に登った。(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(656) 坪内稔典さん「がんばるわなんて言うなよ草の花」(稔典) ネンテンさんの俳句はいつも楽しい(ことが多い)。テレビ4チャンネルで放映される「フレバト」で一世風靡した夏井いつきさんの「俳句は楽しく」に一脈通じるところがあるからでしょうか? 「ほとけのざすずなすずしろ父ちびる」(捻典)「せりなずなごぎょうはこべら母縮む」(捻典)の二句は、いつも思い出して笑います。

 「今日のことば」 
         生きる時間が、
         黄金のように光る。
         (村野四郎『鹿』)

         小春日やこれから君と野遊びを