木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2855話

f:id:mokugyo-sin:20161017060759j:plain

 (サーリブッダ)師(ブッダ)は答えた「他人からことばで警告されたときには、心を落ち着けて感謝をせよ。共に修行をする人々に対する荒(すさ)んだ心を断て。善いことばを発せよ。その時にふさわしくないことばを発してはならない。人々をそしることを思ってはならない。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(614) 小寺正三さん。「秋蝉は山の深きへ消えゆけり」(正三) 比べるのはおこがましいですが、拙句に「かなかなに釣られてたどる桃源郷」(木魚)があります。ボクのように「しゃべって」しまえばおしまいです(汗)。

 仏教とは!「経」について(14) 「経」(きょう)の日本語訳について。現在、漢字で書かれた「経」(きょう)は、「音読」(おんどく)します。例えば、「如是我聞」(にょぜがもん)というように。例外的に「わたくしは(師より)かくのごとく聞きました。」と訓読(くんどく)いたします。しかし、漢字の経典を日本の「ことば」で翻訳する作業は行われていません。大きな問題ではありますが! 

         山麓の御影堂あたり秋の声