木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2834話

f:id:mokugyo-sin:20160926050110j:plain

 (武器を執ること)師(ブッダ)はいわれた「動揺して煩悩(ぼんのう)に悩まされることなく、叡智ある人にとっては、いかなる作為(さい)も存在しない。かれはあくせくした営みから離れて、いたるところに安穏(あんのん)を見る。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(593) 高野ムツヲさん。「うしろより来て秋風が乗れと云う」(ムツヲ) 身も心もすがしなる作品です。作者の心がすがすがしくなければこうした作品は生まれないでしょう。

 さて、ブログ筆者はご縁があり、某お寺の「彼岸会)(ひがんえ)に招かれ、仏教が説く「彼岸」(ひがん)および我が国で行われる「彼岸会」(ひがんえ)の習慣についてお話(30分ばかり)をする機会を得ました。次回より数回に分けてその内容を紹介いたしましょう。

        大仏も腰浮かせたるはたた神