読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2830話

f:id:mokugyo-sin:20160922064820j:plain

 (武器を執ること)師(ブッダ)はいわれた「過去にあったもの(煩悩)を涸渇(こかつ)せしめよ。未来には汝に何ものも有らぬようにせよ。中間においても汝が何ものをも執しないならば、汝は『安らかな人』としてふるまうことであろう。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(589) 小林一茶さん。「名月をとつてくれろと泣く子かな」(一茶) 一茶さんの俳句には魅かれます。季語集などに引用される「例句」として圧倒的に多いのが一茶さんの俳句です。それほど多くの読者の心を「くすぐる」何かがあるのでしょう。それは、ユーモアではない。エスプリ(機知)でもない。どちらかといえばアイロニー(皮肉)めいた「人生の厳しさ」を感じるからです。 

        秋の空歌舞伎役者のすいと逃げ