読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2797話

f:id:mokugyo-sin:20160820060114j:plain

 (迅速)師(ブッダ)は答えた。「(われは考えて、有る)という(迷わせる不当な思案)の根本をすべて制止せよ。内に存するいかなる妄執(もうしゅう)をもよく導くために、常に心して学べ。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(557) 富安風生さん。「柔かく女豹がふみて岩灼くる」(風生) 穏喩(いんゆ)とするなら? どんなことを想像しますか? 砂浜で素肌を焼くカップル。女が所用で離れたスキに、男は、オイルを塗り直そうといたします。そこにダンミツの如き女性が現れ「お手伝いしましょうか?」と。男は「あっ、うっ、それでは・・」と、うつつゆめもどき。そこに、突如、女が戻り。おきまりの修羅場。はい、ドッキリ・カメラでした。 

        蝉がきてまた蝉がきて蝉がきて