読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2796話

f:id:mokugyo-sin:20160819042438j:plain

 (迅速)問うていわく「太陽の裔(すえ)である偉大なる仙人(ブッダ)、あなたに、遠ざかり離れることと平安の境地とをおたずねします。修行者はどのように観じて、世の中の何ものをも執することなく、安らいに入るのですか?」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(556) 野見山朱鳥さん。「裸子や涙の顔をあげて這ふ」(朱鳥) 赤ちゃんの泣くのは赤ちゃんの「仕事」です。「今泣いたカラスがもう笑う」があるように、顔いっぱい、涙いっぱい、火のように泣いた赤子が、けろっと泣き止み、ぱたぱたと這い出すのは可愛いいものです。何処にでもある状況をそのまま描けばそれでいいのです。それがなかなか(汗)。 

        いまですよしつかりなさい兜虫  

                      兜虫(かぶとむし)