木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2734話

f:id:mokugyo-sin:20160618054513j:plain

(死ぬよりも前に) 師(ブッダ)は答えた。「諸々の欲望を考慮することのない人、かれこそ(平安なる者)である。とわたくしは説く。かれには絡めの結び目は存在しない。かれはすでに執著(しゅうじゃく)の川を渡り終えた。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(497) 坪内稔典さん。「走り梅雨ちりめんじゃこがはねまわる」(稔典) ネンテンさん俳句は楽しい。「ちりめんじゃこ」とは、元気いっぱいに走りまわる園児たちの比喩でしょう。「走り梅雨」の季語とよく響きあいます。それにしても、うっとうしい梅雨の頃に飛び跳ねる園児たちを見て「ちりめんじゃこ」を連想するとは、やはり、さすがネンテンさんです。おもわず「三月の甘納豆のうふふふふ」(稔典)を思い出してしまいます。

        夏帽子山の男の佳かりける