木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2723話

f:id:mokugyo-sin:20160607052617j:plain

 (マーガンディア)師(ブッダ)は答えた。「想いを離れた人には、結ぶ縛(いまし)めが存在しない。智慧によって解脱(げだつ)した人には、迷いが存在しない。想いと偏見とに固執した人々は、互いに衝突しながら、世の中をうろつく。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(487)  渋谷 道さん。「山瀬風くるほとけに巨き絵蝋燭」(道) 「山瀬」(やませ)は東北一帯に冷害をもたらした季節風です。「やませ」といえば「やませ来るいたちのやうにしなやかに」(佐藤鬼房)さんの俳句を思い出します。それとは違い、揚句の「山瀬風くる」には救いがあります。それは、山寺の須弥壇(しゅみだん)に飾られた大きな蝋燭(ろうそく)に美しい絵が描かれていたからです。渋谷 道さんの俳句には、いつも、ホッとする何かがあります。 

          青黴や壁に人体解剖図  

                    青黴(あおかび)