木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2719話

f:id:mokugyo-sin:20160603052119j:plain

 (マーガンディア) 師(ブッダ)は答えた。「そのバラモン(修行者)はどうして『わが(説は)真実である』と論ずるのであろうか。またかれは『(汝の説は)虚偽である』といってだれと論争するのであろうか?『等しい』とか『等しくない』とかいうことのなくなった人は、誰に論争を挑(いど)むのであろうか。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(483) 富安風生さん。「街の雨鴬餅がもう出たか」(風生)「出たか」といわれると、「牛蛙もう出るころや逢ひにゆく」(木魚)の駄句を思い出します。さて、街の老舗(しにせ)の前を通ると「鶯餅」は並んでいないか! 横目で眺めてしまいます。鶯餅がならんでいたら二つ買って帰ります。このごろはデザート類を「二つ」でも売ってくれるので嬉しい。デパートの食品売り場でも二つだけ買うことができます。 

         これいらんあれ食べたいと心太 

                      心太(ところてん)