木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2715話

f:id:mokugyo-sin:20160530044227j:plain

 (マーガンディア) 師(ブッダ)は答えた。「マーガンディアよ。『教義によって、学問によって、知識によって、戒律や道徳によって清らかになることができる』とは、わたくしは説かない。『教義がなくとも、学問がなくとも、戒律や道徳を守らなくとも、清らかにできる』とも、説かない。それらを捨て去って固執することなく、こだわることなく、平穏であって、迷いの生存を願ってはならぬ。(これが内心の平穏である。)」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(479)  日野草城さん。「新緑やうつくしかりしひとの老」(草城) 草城さんの作品が続きます。かって、愚美人と称されたような女性であったとしても、齢(よわい)に逆らうわけにはゆきません。若葉が匂うような新緑の頃ともなれば、かって麗人と称された女性の老いを余計に感じるのかも知れません。まさに、これも「諸行無常」(しょぎょうむじょう)、つまり「世の中はすべて移り変わる」なのであります。

        梅雨じめりさて珍しきうさぎ猫