木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2698話

f:id:mokugyo-sin:20160513052311j:plain

 (ブログ筆者より)

 以上で(ティッサ・メッテイヤ)の項を終わります。次に(パスーラ)の項に移ります。さて、(パスーラ)とは? 『ブッダのことば』(注)によれば「この教えは『義足経』(巻上)の断片に該当する。とあるだけで、それ以外は詳細は不明です。由って、「ブッダの誰に向けての説法」(バラモンの一人と推定される)かは不問にしたままで、『ブッダのことば』(中村 元)の記述に従い転載いたします。

 「ボクの細道]好きな俳句(462) 川端茅舎さん。「ぜんまいののの字ばかりの寂光土」(茅舎) 「寂光土」(じゃっこうど)とは、お浄土、つまり、極楽世界のことです。浄土宗を開かれた法然上人は、お浄土から「この世に」お生まれになりまし。そして、「浄土宗」の礎(いしずえ)を開かれ、そしてお浄土に還(かえ)られたと伝えられます。『極楽から来た』(佐藤春夫)の短編小説は、これをもとに著されたといわれています。 

          厳かに二十五菩薩練供養