木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2691話

f:id:mokugyo-sin:20160506042600j:plain

 (ティッサ・メッテイヤ) 師(ブッダ)は答えた「かってかれのもっていた名誉も名声も、すべて失われる。このことわりを見たならば、淫欲の交わりを断つことを学べ。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(455) 正木ゆう子さん。「簪をぷすりと山へ初ざくら」(ゆう子) むむむ。凄い作品です(だと思います)。簪(かんざし)を黒髪にプスリと刺すとき、女性の脳裏をよぎるのは? それはボクには想像がつきません。しかし、あえて想像するなら、揚句の「山へ」「初ざくら」を比喩であるとするならば、かつて花柳界で行われたような習わしなどが思い浮かぶのです。もちろん、作者がそこまで意図されたかどうか? それはわかりません。

         つつ鳥は林の中がいいのです