木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2663話

f:id:mokugyo-sin:20160408024803j:plain

 (清浄についての八つの詩句) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「かれは一切の事物について、見たり学んだり思案することを制し、支配している。このように観じ、覆(おお)われることなしにふるまう人を、この世でどうして妄想分別させることができようか。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(427) 日野草城さん。「ものの種にぎればいのちひしめける」(草城) ああ、坊さんのはしくれに居るボクも、このような俳句をいちどは詠んでみたい! そう思いますが、なかなかうまくゆきません。ボクのような凡人には凡作しか生まれません。いつも「しんきくさい」顔して、ヘドロのたまった脳ミソを「こねまわ」していますが、揚句のような作品は生まれそうにありません。どうも努力と結果は別のようです。あらためてそう思います。 

         雀五羽SOSの甘茶仏