木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2659話

f:id:mokugyo-sin:20160404045933j:plain

 (清浄についての八つの詩句) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「もしも人が見解によって清らかになり得るのであるならば、あるいはまた人が智慧によって苦しみを捨て得るのであるならば、それでは穏脳(ぼんのう)にとらわれている人が(正しい道以外の)他の方法によっても清められることになるのであろう。このように語る人を『偏見ある人』と呼ぶ。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(423) 田中裕明さん。「黒髪の根よりつめたき雛かな」(裕明) 家人の寝静まった頃に、「雛」(ひひな)たちが話をしたり、動き出したりするのでは? そんなことを想像したことがあります。人の髪の毛に温かみがあるか? それは男のボクにはわかりません。頭皮のあたりはすこし温かい? しかし「雛」(ひひな)は、頭皮も黒髪も「根もとから冷たい」というのです。やはり、深夜の「雛」(ひひな)たちにはどこか不気味なところが! 

         密室の子猫ホームズ危機一髪