木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2651話

f:id:mokugyo-sin:20160327063815j:plain

 (悪意についての八つの詩句) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「ひとから尋ねられたのではないのに、他人に向かって、自分が戒律(かいりつ)や道徳を守っているといいふらす人は、自分で自分のことをいいふらすのであるから、かれは<下劣な人>である、と真理に達した人々は語る。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(415) 石田波郷さん。「安達太良は夜雲被きぬ斑雪村」(波郷) 「安達太良」は東北福島にある山の名前です。斑雪村(はだれむら)は、その麓にある村の名前(固有名詞)でしょうか? あるいは斑雪の降り積もる村(普通名詞)でしょうか? そのいずれにしても「安達太良」と「斑雪」(はだれ)の心地よいリズムが読者を癒してくれます。波郷さんは短詩形世界の「言葉の魔術師」だ。と思います。 

        涅槃西風田畑のぼうとひろがれば 

                      涅槃西風(ねはんにし)