木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2617話

f:id:mokugyo-sin:20160222054110j:plain

 (二種の観察) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「『苦しみは動揺の縁から起こる』と、この禍(わざわい)を知って、それ故に修行僧は(妄執の)動揺を捨て去って、諸々の潜在的形成力を制止して、無動揺・無執著で、よく気をつけて遍歴すべきである。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(381) 矢島渚男さん。「滅びたる狼の色山眠る」(渚男) 日本狼は本当に絶滅したのでしょうか? 動物の習性と繁殖の仕組みについてはよく知りませんが、例えば、食物連鎖(野生)の頂点にあるはずの熊や狼が生存の危機にさらされ、イノシシや鹿が異常に繁殖しています。そして、人間社会とのテリトリー(境界)が問題となっています。人間社会のエゴがその根底にあるとの指摘もあります。さて、揚句については、すでに絶滅した日本狼への鎮魂歌と読みました。

       枯草がつめたくぬれてゆれてゐる