木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2612話

f:id:mokugyo-sin:20160217055125j:plain

 (二種の観察) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「生存に対する妄執(もうしゅう)を断ち、心の静まった修行僧は、生をくり返す輪廻(りんね)を超える。かれはもはや生存を受けることがない。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(376) 坪内稔典さん。「青空が霰をこぼす明日香村」(稔典) 明日香村(あすかむら)とは、埋蔵文化財で有名な明日香村のことでしょうか? それはともかく、真冬の真っ青に晴れ上がった大空から、突然、アラレが落ちて来ました。天空異変の驚きを、さりげなく、霰(あられ)を「こぼす」とした作者の巧みさに敬意を表します。ネンテンさんの作品には、いつも、大らかな憩(いこい)が感じられて読者を元気にしてくれるから好きです。

        山眠る寝たいときにはよく寝よう