木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2609話

f:id:mokugyo-sin:20160214060724j:plain

 (二種の観察) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「それ故に諸々の賢者は、執着(しゅうちゃく)が消滅するが故に、正しく知って、生れの消滅したことを熟知して、再び迷いの生存にもどることがない。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(374) 谷口忠男さん。「日脚伸ぶただそれだけのことなれど」(忠男) マンヨンに蟄居(ちっきょ)してから、揚句のような状況が身に染みてわかります。環境が変化するだけでなく、人間関係(隣、近所との交流)、訪れる人も減りました。その代わり、山とか、川とか、雲とか、自然の景色の変化が手に取るようにわかります。毎日毎日、刻々と変化する景色は見飽きることがありません。

        広島をぐつぐつ煮つめ牡蠣雑炊 

                      牡蠣(かき)