木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2570話

f:id:mokugyo-sin:20160106055150j:plain

 (ナーラカ) 師(ブッダ)はいわれた「『かれらもわたくしと同様であり、わたくしもかれらと同様である』と思って、わが身に引きくらべて、(生きものを)殺してはならぬ。また、他人をして殺させてはならぬ。」(スッタニパータ) 

 「ボクの細道]好きな俳句(336) ながさく清江さん。「会ひたしとある絶筆の賀状かな」(清江) 「いちどお出会いしたいですね」。毎年、そんなことを書き添えた賀状が届きます。しかし、ついに、お出会いすることなく30年の月日が過ぎました。そして、その方のご逝去の報に接したのは、それから間もなくのことでした。そうです「いちどお出会いしたい」と書かれた賀状の届くことはもうないのです。 

        山姥の来て寒餅をくれといふ   

                   山姥(やまんば)