木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2534話

f:id:mokugyo-sin:20151201033429j:plain

 (コーカーリヤ) 師(ブッダ)は諸々の修行者に告げられた「また、そこでは(地獄の獄卒どもは)鉄の網をもって(地獄に堕ちた者どもを)からめとり、鉄槌(てっつい)を打つ。さらに真の暗黒である闇に至るが、その闇は霧のようにひろがっている。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(302) 如月真采さん。「檻たたく音の聞こえて雪の夜」(真采) ゴリラとかチンパンジーなどは、檻(おり)を激しく叩くことがあります。彼らなりの意思表示なのでしょうか? いつか夜の動物園のそばを通りかかったとき、獣(ライオン?)の咆哮(ほうこう)が、外まで響いてきて驚いたことがあります。おりから、夜、雪が降り始めて音の消えた世界で、動物の「柵たたく音」だけが響いてくる。作者は、それを、不気味な「音」としながらも、一種の「せつなさ」として受けとめたのでしょう。 

        冬の夜に蠅が一匹死にました