木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2533話

f:id:mokugyo-sin:20151130050556j:plain

 (コーカーリヤ) 師(ブッダ)は諸々の修行者に告げられた「(地獄の獄卒どもは、捕えよ、打てといって)誰もやさしいことばをかえることなく、頼りになってくれない。(地獄に堕ちた者どもは)敷き広げられた炭火の上に臥し、あまねく燃え盛る火袋の中に入る。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(301) 橋本多佳子さん。「雪はげし抱かれて息のつまりしこと」(多佳子) 多佳子さんの作品のご紹介は、これでもう、4、5回になるのでは? でも、好きな作家ですからいたしかたありません。さて、多佳子さんは、40歳前後で夫の樋口豊次郎氏と死別をされたようです。さて、女流作家にして、こうした作品と出会った記憶はありません。多佳子さんは、その後 孤閨を守られたのでしょう。因みに、恩師である山口誓子さんへの慕情はひとしおであったようです。

         後ろから誰も来ないぞ芒原 

                   芒原(すすきはら)