木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2531話

f:id:mokugyo-sin:20151128052733j:plain

 (コーカーリヤ) 師(ブッダ)は諸々の修行者に告げられた「けだし何者の業(ごう)も滅びることはない。それは必ずもどっ てきて、(業をつくった)主がそれを受ける。愚者は罪を犯(おか)して、来世にあってはその身に苦しみを受ける。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(299) 池内たけしさん。「三人の一人こけたり鎌鼬」(たけし)「鎌鼬」(かまいたち)とは? 突然に「鎌」(かま)で切られたような、原因不明の裂傷が生じることを指します。それを「鼬」(いたち)に噛まれた? と、イタチの「セイ」にして押し付けたのです。急激な気圧の急変(冬)、ないし、急激な温度差などが原因とも? さて、揚句の秀でたところは、奇怪な「鎌鼬」の現象を「こけたり」のことばにより、なんとも、ユーモラスな作品に仕上げたところにあります。

        あそこまでともかく行こう花野原