木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2521話

f:id:mokugyo-sin:20151117040325j:plain

 (ヴァーセッタ) 師(ブッダ)は答えた「三つのヴェーダ(明知)を具(そな)え、心安らかに、再び世に生まれることのない人は、諸々の識者にとっては、梵天(ぼんてん)や帝釈天(たいしゃくてん)と見なされるの。ヴァーセッタよ。このとおりであると知れ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(288) 岩永佐保さん。「へうたんも髭の男もわれのもの」(佐保) 「祭笛吹くとき男佳かりける」(橋本多佳子) 「宵ねぶた髭の男の佳かりける」(木魚)。髭の男も、祭笛を吹く男も、瓢箪(ひょうたん)のような男も、女性にとって、しょせん「男はみんなわれのもの。」なのです。ですから、そんな愛(いと)しい男が、ふらふらヨソの女にうつつを抜かそうものなら、それは修羅場が待ち受けているわけです。 

        ひぐらしは林の中がいいのです