木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2510話

f:id:mokugyo-sin:20151106043444j:plain

 (ヴァーセッタ) 師(ブッダ)は答えた「前にも、後にも、中間にも、一物をも所有せず、すべて無一物で、何ものをも執着してとりおさえることのない人、かれをわたくしはバラモンと呼ぶ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(278) 鷲谷七菜子さん。「街道に山影せまるとろろ汁」(七菜子) 左京区の松ヶ崎一帯は「山端」(やまばな)と呼ばれます。若狭(小浜)と洛中(京都)を結ぶ、若狭街道の「北山の端」(はし)に位置するところからそう呼ばれるようです。その「山端」に創業400年の平八茶屋があります。平八茶屋の麦飯にとろろをかける「麦とろろ」は有名です。揚句が平八茶屋の「麦とろろ」を詠われたものかどうかそれはわかりません。 

        冬眠の蛇をつつきてこんにちは