木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2507話

f:id:mokugyo-sin:20151103051607j:plain

 (ヴァーセッタ) 師(ブッダ)は答えた「(快楽)と(不快)とを捨て、清らかに涼しく、とらわれることがなく、全世界にうち勝った健(たけ)き人、かれをわたくしはバラモンと呼ぶ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(275) 加藤楸邨さん。「蚊帳出づる地獄の顔に秋の風」(楸邨) 揚句の解説は野暮でしょう。そこで一連の作品を。「をみなとはかかるものかも春の闇」(日野草城)「妻抱かな春昼の砂利踏みて帰る」(中村草田男)「愛咬やはるかはるかにさくら散る」(時実新子)「佐渡ヶ島ほどに布団を離しけり」(櫂未知子)「昨夜寝たかと枕に問へば枕ものゆた寝たとゆた」(都都逸?)

        枯螳螂あなた好きよと喰はれけり 

                     螳螂(とうろう)= かまきり