木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2488話

f:id:mokugyo-sin:20151015051941j:plain

 (ヴァーセッタ) 師(ブッダ)は答えた「紐(ひも)と、革帯(かわおび)と、綱(つな)とを断ち切り、門をとざすことを滅した、目ざめた人(ブッダ)。かれをわたくしは(バラモン)と呼ぶ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(257) 高澤晶子さん。「きつすぎる会葬あとの青山椒」(晶子) お別れがおわると(大部分の)参詣者は散ってしまいます。或る人が「葬儀が終わったそのあとの仕草でその人のお人柄がわかる」と。揚句は、故人(ひょっとすると夭折者)の会葬を終えて近親者が集う食事の席で、お料理に添えられた青山椒を見て詠われ感想でしょうか? 

         まつ黒の鴉ねらひし木守柿