木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2450話

f:id:mokugyo-sin:20150907053609j:plain

 (矢) 師(ブッダ)は説かれた「人が悲しむのをやめないならば、ますます苦悩を受けることになる。亡くなった人のことを嘆くならば、悲しみに捕われてしまったのだ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(220) 井上弘美さん。「六道の辻に金魚の売られけり」(弘美) 六道の辻はこの世とあの世とのわかれ道です。葬送の地(京の)である鳥辺野(とりべの)の近くにあります。また、六波羅密寺(ろくはらみつじ)、珍皇寺(ちんこうじ)などが近くにあります。その六道の辻では「幽霊飴」(ゆうれいあめ)が売られています。そして、それにまつわる話も伝えられています。作者はそのことを知りながら、さりげなく「金魚の売られけり」と逃げたところが秀逸です。

           秋冷や賽銭箱へ落つる音 

                     賽銭(さいせん)