木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2344話

f:id:mokugyo-sin:20150524030547j:plain

 (バーラドヴァージャ) 釈尊は答えた「詩(ヴェーダ)を唱えて得たものを食ってはならない。バラモン(修行者)よ、これは正しく見る人々(目ざめた人々)のなすきまりである。詩を唱えて得たものを(諸仏)は斥(しりぞ)けたまう。バラモンよ、このきまりが存するから、これが(目ざめた人々)の行いのしかた(実践法)であることを知れ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(115) 山口青邨さん。「ある日妻ぽとんと沈め水中花」(青邨) 青邨さん八十六歳のときの作品だそうです。ところで「ぽとんと沈め」とはブラックユーモアかと、一瞬、ドキリとしました。しかしそうではありません。長年つれそった老妻を水中花のごとくイメージすることで、永久の美として脳裏に留めておきたい。そして余日のあるかぎり眺めていたい・・老いてなほ妻に対していだく恋慕の情を短詩形の世界で表現した作品かと思います。

          逃水やなむとあみだでなむあみだ