木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2334話

f:id:mokugyo-sin:20150514035508j:plain

 (バーラドヴァージャ) 釈尊は答えた「こころの執着をすでに断って、何らとらわれることがない(全き人=如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(105) 中村汀女さん。「ゆで卵むけばかがやく花曇」(汀女)これも有名な俳句です。さて「不易流行」は芭蕉のことばですが。揚句など、昨今に作られた俳句といってもおかしくない。秀句から名句となる条件は「不易」であること。つまり、時代を経てなお評価を受け続ける作品なのでしょう。ゆで卵の<つるり>が読者を納得させます。 

          涼風や五体たちまち浮遊する