木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2302話

f:id:mokugyo-sin:20150412053014j:plain

 (つとめはげむこと)尊師(ブッダ)は云う「(悪魔)ナムチよ、また、第八の軍隊とは、誤まって得られた利益と名声と尊敬と名誉、さらに、自己をほめたたえて他人を軽蔑することである。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(74) 岸本尚毅さん。「夏蜜柑腐りて底の抜けにけり」(尚毅) お寺の本堂にお供えした夏蜜柑が、腐っていることに気がつかず(外形は変わらないものですから)底から果汁があふれていて驚いたことがあります(このバチあたり)。ウソみたいですが現実に起こりうる発見。それに目ざとく気ずくには、日常の観察を身につける習慣が必要です。そして、気づいた感動を作品に仕上げるには年期と努力が求められます。

           春暁の聖松ヶ崎大黒天