木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2269話

f:id:mokugyo-sin:20150310060326j:plain

 (出家)(アーナンダは云う)「この在家の生活は狭苦しくて、煩わしくて、塵(ちり)のつもる場所である。ところが出家は、ひろびろとした野外であり、煩(わずら)いがないと見て、(ブッダは)出家されたのである。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(43) 桂 信子さん。「ふところに乳房のある憂さ梅雨ながき」(信子) 作品の「憂さ」がどういうことを指すのか? 男どもには体験がないのでわかりません。しかし、少なくとも、胸が大きいとか小さいとか、形がどうのこうの、と、そのようなことを指すのでないことだけはわかります。それはともかく、作品の中に「作者がいるか?」これは重要なことです。

          供養塔そばにカラカラ風車 

                      風車(かざぐるま)