木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2265話

f:id:mokugyo-sin:20150306051740j:plain

 (ダンミカ) 師(ブッダ)は云う「ウポーサタ(斎戒)を行った(ものごとの解った人)は次に、清く澄んだ心で喜びながら、翌朝早く食物と飲み物とを適宜に修行僧の集いにわかち与えよ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(39) 池田澄子さん。「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの」(澄子) 「口語俳句」の第一人者です。また、名エッセイストとしても有名です。掲句は「蛍」だからこそ抒情がひろがるのでしょう。また、「じゃんけん」で決まるからこそ人生(過去世・未来世も含めて)の妙味も増すのでしょう。「縁起」(えんぎ)とか、「運命」とか難しいことばを持ち出さずに、深い内容をさらりと表現した発想の大胆さに脱帽です。

          丑三の独尊居士や恋の猫 

                        丑三(うしみつ)