木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2259話

f:id:mokugyo-sin:20150228040948j:plain

 (ダンミカ) 師(ブッダ)は云う「会堂にいても、団体のうちにいても、何びとも他人に向かって偽(いつわ)りを言ってはならぬ。また他人をして偽りを言わせてもならぬ。また他人が偽りを語るのを容認してはならぬ。すべて虚偽(きょぎ)を語ることを避けよ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(33) 茨木和生さん。「雷のどすんと来る花の寺」(和生) 「花の寺」とあるからには、桜の花で有名なお寺なのでしょう。あるいは「花の寺」(固有名詞)と呼ばれる寺なのかも知れません。ボクは前者だと考えます。折から満開の花見の最中に、一天にわかにかき曇り、ときならぬ「春雷」が襲います。そうなると<どすんと>が効いてきます。この場合季語が二つあることになります。でも「春雷」が<強い>ので問題ないのでしょう。

          心経を一巻唱へ二月尽