木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2254話

f:id:mokugyo-sin:20150223020739j:plain

 (ダンミカ) 師(ブッダ)は云う「それ故に、食物と住所と臥具(がぐ)と衣の塵(ちり)を洗い去るための水、これらのものに対して、修行者は執着して汚れることがない。蓮の葉に宿る水滴が汚されないようなものである。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(28) 日野草城さん。「うららかに妻のあくびや壬生念仏」(草城) どうかすると「座五」が動くかも? そんな失礼なことを思ってみたりもします。しかし、京都に親しんだ作者ならばこそ・・壬生狂言にあわせての妻の<あくび>であります。いかにものどかな春の情景が思い浮んできます。しょせん俳句は「自分史」です。自分だけの<思い>を臆することなく言いとめていいのでしょう。

          今は昔比良八講の荒れ終ひ