木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2173話

f:id:mokugyo-sin:20141204045023j:plain

 (ブログ筆者より)
 暗闇の中で灯火をかかげるように、釈尊は種々の理法を明らかにされ(バラモンにふさわしいこと)を説かた。バラモンたちは釈尊を讃(たた)え釈尊に帰依したと伝えられます。次に『スッタニパータ』は、真理の理法に暗い者たちを導くため、真理に明るい者、すなわち、釈尊を渡し船に譬えた(船)の項にうつります。

 [ボクの細道] 北山通(3) さて、叡山電車「修学院駅」のすぐ傍、北山通りが高野川と交差するところに「松ヶ崎橋」があります。そいて高野川に沿うて走るのが川端通(R367号)であります。この川端通りは、以前、ブログで紹介した「若狭街道(鯖街道)」のことであります。川端通りを松ヶ崎橋から北へ200メ-トルばかり行くと創業400年を誇る料理旅館平八茶屋(ちんとろ茶屋)があります。平八茶屋の「麦とろろ汁」と「釜風呂」は知る人ぞ知る京の名物です。 

        相棒と静かに過ごす冬の夜