木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2164話

f:id:mokugyo-sin:20141125032513j:plain

 (バラモンにふさわしいこと)「水と地と黄金と財と穀物とが生命あるひとびとの用具であるように、牛は人々の用具である。祭祀(さいし)を行いなさい。あなたの富は多い。祭祀を行いなさい。あなたの財産は多い。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道] 京都府立植物園(4) ワタ(綿)は<綿の木>とも呼ばれるようです。花はアオイに似ています。面白いのは<ワタの実>は熟すると中味が裂けて、白毛につつまれた綿花(種子塊)が露出します。昔、これから綿実油を採ることもあったようです。茂みの中に真っ白な<ワタ>を見つけると夢中でシャッターを切ります。そのときは<無心>だと思います。句作は<無心>ではありません(と思います)。ともかく日替わり定食のように、毎日、植物たちは表情を変えながら待ち受けていてくれます。

        熊穴に入るとのうはさ話かな