木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2003話

f:id:mokugyo-sin:20140615045617j:plain

 雪山(せつせん)の神霊が問う「かれ(ブッダ)は、与えられないものを取らないであろうか(盗人)?かれは生きものを殺さないように心がけているであろうか?かれは怠情(たいじょう)から遠ざかっているであろうか?かれは精神の統一をやまないであろうか?」(スッタニパータ)

 再び、ウポーサタの宗教行事について。ジャイナ教(BC6~5世紀、仏教と同時期にインド東部で盛んであった宗教)の信者は、月二回、食物、身体を飾ること、性的関係を断って斎戒を守る習慣がありました。これがウポーサタの宗教行事であります。

         万緑の中へ消えたる大飛球