木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2002話

f:id:mokugyo-sin:20140614102230j:plain

 七岳(サターサ山の神霊)は答えた。「このような立派なかれ(ブッダ)の心は、一切の生きとし生けるもの対してよく安立(あんりゅう)している。また望ましいものに対しても望ましくないものに対しても、かれ(ブッダ)の意欲はよく制せられている。」(スッタニパータ)

 雪山の神霊の問いかけに、サターサ山の神霊(七岳)が、オウム返しにブッダの<心の安立>を認めたことになります。つまりブッダの教え(仏教)を肯定したことになります。また「一切の生きとし生けるもの対して・・」という後期仏教(「大乗仏教」)に大きな影響を与える記述のあることに注目をいたしましょう。

        神苑のなんじやもんじやが咲き出した