木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1761話

f:id:mokugyo-sin:20140113094957j:plain

 紫雲石

 黒谷さん=金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の塔頭(たっちゅう)に西雲院(さいうんいん)がある。この寺の庭に、長さ二メートルほどの黄色味をおびた石が置かれてあるがのう。これを「紫雲石」(しうんせき)と呼ぶそうな。承安五年。比叡山(天台宗)を下りた法然上人は、粟原ヶ岡と呼ばれたこのあたりのこの大石に腰をおろされ「日想観」(にっそうかん=夕日を見て仏を思う)、をされたそうな。すると、にわかに<紫の雲>がたなびき、そのとき<念仏の教え>を悟られたと伝えられている。以来、上人はこの地に庵を結んで浄土宗を開かれた、とも伝えられている。 (金戒光明寺・黒谷・左京区天王町)

     突然に鳰(におの浮巣が流れ出す