木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1643話

f:id:mokugyo-sin:20140111162335j:plain

  葛の花くるなと言つたではないか 飯島晴子

 他に{寒晴やあはれ舞妓の背のたかき}{きつねのかみそり一人前とおもふなよ}{さつきから夕立の端にゐるらしき}。飯島晴子さんには、心の襞(ひだ)に迫るような魅力的な作品があります。つまり、この作者は、心の深層部に究極の表現で迫ることのできる達人です。ですから彼女の作品のフアンは多と思います。ぼくも晴子さん作品の虜(とりこ)となりました。しかし、こうした句作の方法は、究極を追求するあまり行き詰まりを生じることがあるかも?

  稀覯本ひらけば青い咳が出る  稀覯本(きこうぼん)