木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1585話

f:id:mokugyo-sin:20140110212249j:plain

野狐禅(やこぜん)

 野狐が原野で座禅をして、悟りをひらいたつもりでうぬぼれていたところを、通りすがりの虎が来て食ってしまったということです。転じて、生かじりの学問や知識をひけらかせて大失敗することを諭したことわざです。かくいう『木魚歳時記』もそんなもの。「孫引き」や「他人のフンドシで相撲を取る」たぐいのことを平気でやらかす駄文集です。さて「俳句はこうあるべきだという類の評論は信用しません」。とありました。

       鉄骨の地上百尺麦茶飲む