木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1569話

f:id:mokugyo-sin:20140110180353j:plain

竜天に登る

 「竜吟(ぎん)ずれば雲起こる」。すなわち、池に棲む竜が鳴けば雨雲がわき起こり、その雨雲に乗じて竜は天にのぼると伝えらています。そうした故事に基づいてこのことわざが生まれたようです。転じて、聖人君子(くんし)が天子の位に就くことや、英雄が機を得て雄飛活躍するような場合に用いられるようです。また、俳句にも春季として用いられます。さて「最短詩形である俳句は、究極のところ生と死を詠むことであろう」。とありました。

     まくなぎのいやになるほどついてくる